初心者〜中級者には日本人講師が断然いい理由

こんにちは。
NPO早期英語教育研究会、山形支部長の安孫子愛です。

お子さんに英語を習わせたいと思った時、

ネイティブの先生がいいのか、
日本人の先生がいいのか、

迷うところではないでしょうか。

私は、帰国子女でも、子どもの頃から英語を習っていた訳でもなく、中学の授業で初めて英語を学び、社会人になってから国内で会話の勉強を始めた、純国産英語話者です。

そんな私が、自分の今まで出会った英語の先生(学校の先生ではなく、民間の英会話スクールや個人の先生など)を思い出してみると、自分の英語力が上がる助言をしてくれたり、発音のアドバイスをくれたのは、ほとんど日本人の先生でした。

ネイティブの先生からレッスンを受けたこともありますが、印象に残る先生はいません。

どうして日本人の先生の教え方が良かったのか。

それは、恐らくその先生方も、外国語としての英語を学ぶ上で、同じ道を通ってきたからだと思います。

だから、
どうやったらこのレベルの子がもっと英語力を上げられるのか、
どう発音すればより上手に早く言えるのか、
どんな勉強をしたらいいのか、

などがわかるのです。

これはそのまま、お子さんに英語を習わせる時にも当てはまります。

日本語と英語の発音の違いを知っているからこそ、
文法の違いを知っているからこそ、

どこに気をつけるべきか、
間違えやすいところはどこか、

しっかり気を配りながら教えることができます。

こう考えると、英語をほとんど意識せずに習得した人よりも、英語が話せない状態から話せるようになった人に習った方が、確実な気がしませんか?

もちろん、わかりやすいように教えることも必要なので、英語学習者がそのまま初心者に指導できる、と言うわけではありませんが、少なくとも、つまずくところも気をつけるべきところもわかっている点では大いに頼もしいはず。

ちなみに、ネイティブによる英語のレッスン時に、日本人の先生の日本語でのサポート、なんていうものは必要ありません。
レッスン時の、お子さんの日本語を素早くキャッチします、なんていうことも必要ありません。

日本人の先生でも、英語を教えるのに日本語は必要ありません。
そこはお間違えなく!

関連記事

  1. 1歳に英語はまだ早すぎる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP