自分で伝えたいことを伝える力

佐賀支部の山下和美です。

モンテッソーリの指導法を取り入れながら、英会話を教えています。私は10年以上英会話を教えてきました。その中で、大きな疑問点が2つありました。

一つは、もっと子どもたち1人1人が得意とする分野の中で英語が話せたら!ということ。楽しい!は当たり前だけれども、その楽しい中でも得意分野と不得意分野が出てきます。得意分野では、子どもたちはただただ集中してやり続けるのです。私はそんな子どもたちを見て、モンテッソーリ指導の中に英語を取り入れては?と思い、英会話の中に取り入れてみました。最初は戸惑いが多かった子どもたちが、今では自分でやりたいことに取り組めるようになりました。ただ、二つ目の疑問であった英語を話せる子どもたちに、どのように指導したらいいのかわからずにいました。その頃私はバイリンガル育成をほとんどあきらめていたと思います。でも、バイリンガル育成スクールを受講し、ようやくその答えを見つけました。まだまだ完璧とはほど遠いですが、私の心はわくわくしています。子どもたちの反応、目の輝き、自信に溢れる声、本当に受講して良かったと思っています。私はこのモンテッソーリで未知の課題に対応していく力と自立する力を育み、バイリンガルいやマルチリンガルで世界の壁を自由に飛び越え、チャレンジし続けることが出来る。そうこの2本立てが、これからの変化の速い時代を生きていける子どもたちを育てると信じています。

関連記事

  1. 早期英語教育と英検

  2. NPO法人 早期英語教育研究会 設立祝賀会のご案内

  3. 読み聞かせのチカラ

  4. 英語力と一緒に育てたい力

  5. 幼少期の子どもたちと早期英語教育

  6. Rome was not built in a day!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP