1日5分の英語タイムで子どもが英語を喋りだす! 英語絵本 読み聞かせ実践セミナー開催レポ

こんばんは!兵庫県支部長の上村亜耶です。

開催報告が大変遅くなってしまいましたが、5/17と5/31の2日間に渡って「1日5分の英語タイムで子どもが英語を喋りだす!英語絵本読み聞かせ実践セミナー」を開催いたしました!

 

いやー、皆さん熱かったですキラキラ爆  笑キラキラ

今回の講座は5/17と5/31の2回1セットの講座となっていて、1回目と2回目の間にお家で実際に英語の絵本読みに挑戦していただく宿題を出させていただきました。

実を言うと、私、皆さんお忙しいだろうし、きっとやってこられない方が多いんだろうなーなんて思っていたんです・・・

しかし!今回ご参加者の皆様は、私のこんな大変失礼な予想を素敵に裏切ってくださいました!!OKキラキラ

それぞれにお家で取り組んでくださって、難しかったところや疑問点、続けてどう良くなっていったかなど、しっかりとシェアしてくださいました!

もちろん、

「やってみたけどなかなか上手くいかなかった」という方や、

「途中でやらなくなってしまった」という方はいらっしゃいましたが、

皆様それぞれに「やってみる」ということをしてくださっていたので、主催者側としてもとても具体的にアドバイスすることができ、受講された方々にとってもより良い講座にすることができたのではないかな。と思っています。

そして更にいただいた感想にとても胸が熱くなりましたのでこちらでシェアをさせていただきます!

 

【2歳のお子様を持つお母さま】

(英語の絵本読みをこれからも実践しますか?の問いに「はい」と答えてくださった後、その理由に、)【2週間でとても効果があったため。動物の単語を全部覚えて、全然完璧ではないものの、何となくの雰囲気で1人で読めるレベルになりました。】

(受講前と後の変化)【親:英語を英語で教えることを意識するようになりました。焦らず長い目で見るという視点をもつことができました。

子供:自ら英語の絵本を持ってきて「これを読んで」と言うようになりました。また、絵本で見つけた動物を他の場所で見つけると、その単語を口にするようになりました。】

とご感想くださり、更に、私が今回こだわった2部構成にして、2週間実践を行っていただくという試みに関しても、

【2部構成で、実践後の悩みに関するアドバイスいただけたのも有難かったです。】とおっしゃってくださり、たくさん考えたら考えただけしっかり伝わるんだ。喜んでいただけるんだという実感ができ、とっても嬉しかったです。

しかも【子供に英語に親しんでほしいと思っている方全員!】におすすめしたいと書いてくださりました!

 

【1歳のお子様のお母様】

【とにかくお互いが楽しむのが一番だと教えて頂いたので是非続けていきます!】

【丁寧に説明して下さったので、とても勉強になりました。教えよう、覚えてもらおう、ではなく楽しんでもらおう!を、大切にしてこれからも読み進めていきたいです♪】

【英語だけでなく日本語の絵本の読み聞かせに悩まれている方、英語が苦手でなかなか読む自信がない方にも是非オススメしたいです!】

 

というご感想もいただき、本当に今回のセミナーをやってよかったな。と心から満たされた気持ちになりました。

 

今回のセミナーでは、親にはその子の人生を如何様にも変えていってあげる影響力があることを改めて感じました。

ぜひその影響力を子どもの未来をどんどん明るく照らす方向へ使って言っていただけるひとつの方法にこの英語絵本読みを加えていただけたら私にとってこんな嬉しいことはないなと思います。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

また夏くらいにも同様のセミナーを開講できたらと思っているので気になる方はぜひNPO法人早期英語教育研究会(EEYC)のホームページやブログをご確認いただければ嬉しいです!

更に、私どもの活動にご賛同いただけましたら是非会員になってサポートいただけたら嬉しいですハート

お申し込みはこちらから

そして最後になりましたが、一緒にこの講座を作り上げてくださった宮崎の子ども英会話Twinkle Starsの川畑育子先生には感謝してもしきれないです。

育子先生が居なかったらここまでのクオリティーにすることはできなかったですし、何か決めるときに相談できる方が居ることの心強さや、そっと支えてくださるありがたさをひしひしと感じました!そして毎週の長時間の会議に我慢してくれていた育子先生の娘ちゃんも本当にありがとうチュー

関連記事

  1. 親も子も笑顔でいられるおうち英語のために

  2. 初めての研究会で受けた衝撃

  3. わたしが未就園児親子クラスを続ける理由

  4. 1歳に英語はまだ早すぎる?

  5. 【ルー大柴さん!?】日本語の中に英語が混ざる場合

  6. 英語教育における比べるという罪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP