おすすめ英語絵本 Halloween編

Happy Halloween!!

こんにちは! 高知支部長 永野です。

今日はハロウィン当日ですね。この季節になると昔、アメリカに交換留学生としていたころにホストシスターと一緒に仮装をしてお菓子をたくさんもらった事を思い出します。

そんな私の主催する英語教室では、生徒たちがハロウィンを毎年心待ちにしてくれています。教室もハロウィン仕様に模様替え。レッスン内容もイベント仕様に変わり、週末にはハロウィンパーティーも開いてみんなで楽しく異文化体験をしています。

ハロウィンパーティーでは、毎年子どもたちが思い思いの仮装をしてご近所をtrick or treating して回ります。有難いことにご近所さんも今年も手伝うよ~と10月になると声を掛けてくれるようになりました。すごく嬉しいです。

そして、子どもたちにはイベント毎に色々な英語絵本の読み聞かせを行っています。今日は、今年教室で読んだハロウィンの本を紹介させて下さい。

 

● Boo Who?  by Joan Holub

小さな子どもでも楽しめる仕掛け絵本です。ハロウィンキャラクターを覚えるきっかけになると思います。

● My First Halloween  by Tomie dePaola

ハロウィンキャラクターだけでなく、ハロウィンの日にはどんなことをするのかな?が分かる絵本です。小さい子にも分かりやすい絵が描かれています。

● TWO LITTLE WITCHES  by Harriet Ziefert   illustrated by Simms Taback

ユニークなハロウィンキャラクターと共に英語で数を数えていく絵本です。ステッカー付の絵本で、可愛らしいイラストがなんとも言えません。

● SkeLeToN hiccups  by margery cuyler  illustorated by  s.d. schindler

小さい子には絵が怖いかも?!しゃっくりが止まらない骸骨のお話です。男子は喜びます!

● What’s in the Witch’s Kitchen?  by Nick Sharratt

すごく工夫されている仕掛け絵本です。内容も単語にライミングワードが使われていて発音の練習にもなります。

 

 

以上が、本日私がおすすめするハロウィンの英語絵本です。来年のハロウィン用絵本の参考になれば嬉しいです。どうぞ親子で絵本タイムを楽しんで下さい。

永野 洋子

サニーバニー初級認定講師

高知市内で英語教室 Jerry Beans English Club を主宰しています。(新規生徒募集中!無料体験レッスンあります)

https://www.facebook.com/jerrybeansenglishclub/

 

関連記事

  1. 自分で伝えたいことを伝える力

  2. 【ルー大柴さん!?】日本語の中に英語が混ざる場合

  3. 早期英語教育と英検

  4. どのようなバイリンガル?

  5. ネイティヴ発音を目指す前に考えたいこと

  6. 2歳から20歳へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP