Rome was not built in a day!

  • etc

 

北海道 副支部長の梅津りかです。

北海道では初めて、6月9日にEEYCのワークショップ「まずはここから!気軽にスタート! おうち英語」のワークショップを行いました。

北海道札幌市手稲区にあるつくし幼稚園では、SUNNY BUNNYメソッドを使った英語教育を行っています。 幼稚園でSUNNY BUNNYメソッドを使った英語教育を受けられるため、エクストラに英語教室に通わないお子様でも、とても生き生き英語を話している姿を見ることができます。 廊下であったらHello! 目と目があえば、自己紹介をし始めちゃうお子様もいます。 自己紹介してる!と知れば、どんどんお子様たちが群がってきて、我先にと英語を話し始めます。 私が持っているフラッシュカードを奪い取って、全部言える!と言わんばかりに、全て言い始めるお子様もいます。 その後のどや顔と言ったらもう、たまりません!

そのように育ってきているお子様たちを、どうにかもっと英語力を伸ばすサポートできる術はないか、と、北海道の認定講師で話し合っていたところ、おうち英語がいいのではないか!とのアイデアが浮かびました。 お母様方が、おうち英語に少しでも興味を持っていただければ、卒園しても幼稚園で培った英語力を維持し、また伸ばすこともできると思いました。 ちょうどEEYCのおうちえいごのワークショップの意図にもあっていたので、時期はだいぶ遅れてしまいましたが開催する運びになりました。

参加してくださった4組のご家族はどなたも、レッスンで培った英語力をお家でも伸ばしてあげたいと願っている温かいご家庭の皆さまでした。 しかし、おうち英語の方法や、語り掛け方、促し方がわからないというお話を最初にシェアしていただきました。 “1日5分からの英語で子育て”(2017 スバル舎 羽織 愛・山移 玲)を参照しながら、どうしておうち英語が効果的なのかを説明したのちに、おうちでえいごの絵本を読むときのルール説明を行わせていただきました。 参加者の皆様の多くは、絵本を英語で読むことを行っていないとおっしゃっていたので、とても真剣なまなざしで聞いてくださっていました。

次に桜先生と私で二種類の読み聞かせを行いました。 一つ目は、桜先生がこわーいお母さんになりきって行ってくれました。 笑いが途中で上がるぐらい、盛り上がりました! 二つ目は、子ども役の私から英語の発話が出るたびに桜先生が優しく褒めてくれる愛情いっぱいバージョンです。 二つ目のデモンストレーションの最中には、二種類の読み聞かせの違いを感じ、なるほど!と、納得の声も上がりました!

そして、褒めです。 こちらは、桜先生が、愛情たっぷりの褒めの練習を行ってくれました。 実際にこの後お子様相手に絵本を読んでいただきましたが、4組から褒めのフレーズがスムーズに出ていて、最後にはハグも行っているご家族もいました。

このように温かい愛情たっぷりのおうち英語の取り組みの一つとして、絵本を読むことに挑戦していただき、早速お家で行ってみます!のような反響もいただくことができました。

正直、まだまだおうち英語への関心が薄いように感じる北海道ですが、今回読み方を一緒に練習したDear Zooを手に愛情深くおうち英語に取り組んでくださっている4組ものご家庭がこのワークショップで生まれました。

おうち英語旋風を巻き起こすには、長い道のりに感じますが、ローマは一日にして成らず!
北海道では、今後もこちらのワークショップを定期的に行う予定です。

EEYCでは、全国で魅力的なワークショップが不定期ではありますが開催されています。 お住いのお近くでワークショップが開催されていましたら、ぜひ足をお運び下さい。

関連記事

  1. 温かい家庭の中にあるバイリンガル教育

  2. 自分で伝えたいことを伝える力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP